マイルストーン facebook マイルストーン twitter マイルストーン instagram マイルストーン youtube

ヘッドランプ/ランタン/アウトドア用品の milestone (マイルストーン)

HOME > ブログ

ブログ

2019/02/16

アメリカ遠征 其の弐


二日目は早起きし、朝からランニングがてら、街を探索。川付近を走り気持ちが良い。

fExkfXY0T0iqSJZ13wyoAA_thumb_d365

オールドタウン側にあるPORTLAND OUTDOORのネオンが素敵すぎる件。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_d361

そして、ランニングショップ”FOOT TRAFFIC”を発見。

319Vrb+KRJ2vQP+6EfdJrA_thumb_d36f

続いて、皆さんご存知”KEEN”の本社もコチラ、ポートランドにありました。UNADJUSTEDNONRAW_thumb_d3ae

隣接している直営店に行くとドラム缶を利用したイスがあったり

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_d3ac

遊びゴコロ満載なディスプレイ。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_d3ab

KEENのファンになりました、笑。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_d3a9

また、地元のアウトドアショップにも足を伸ばし、地上2階と地下1階の3フロアにて展開されているNEXT ADVENTUREへ

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_d38c

先ずは2階のキャンプ用品売り場でヘッドランプをチェック。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_d38d

PETZL, BlackDiamond, UCOがシェアを取っていました。

また地下へ行くとUSED品、いわゆる中古品フロア。掘り出し物、デッドストックなど多数陳列されていました。

xKuNb8byTv2rrYBdkDYvCQ_thumb_d38f

アメリカにはUSED文化が根付いていると再認識。

l9AbKY8FRyCKjOkVXQKTUQ_thumb_d3cd

夕食まで時間があったので低山に登ると、沢山の人が集まっていました。

ERNF51Z%TEO72KQfV2nGDQ_thumb_d3cf

目当てはこの夕日。最高でした。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_d3d3

この日の晩飯はメキシカン「por que no?」。アメリカに来て異文化を知る。マチガイナイです。笑

2019/02/15

アメリカ遠征 其の壱 


2019年1月末、アメリカでのミッションを遂行すべくカナダのバンクーバーを経由して小さいプロベラ機でアメリカはポートランドに到着しました。

PwFTpodLQT6GsXmvu%neZw_thumb_d34a Qf2242DIQfWakz3dkAwObw_thumb_d34d

なぜ、ポートランドかと言うと多くの企業(コロンビア、ナイキ、ペンドルトン、キーン、その他多数)のヘッドクオーターがあるわけでその魅力をチェックしに。

SagLR93uTvi9gTJYJN8alA_thumb_d369

まずは今回同行したメンバーのお一人がスキースノーボード業界の雄、あのSMITHさんと接点があり、ポートランドの事務所に潜入成功。

IMG_2362

天井は高く、部署毎にスペースは分かれており、とても仕事がしやすい環境だと感じました。

4w4re8zATHCL48Lpv+jFRw_thumb_d387

訪問した際にミーティングルームでは再来年!?のヘルメットの色の試作品をパントーンで合わせていましたよ〜。初日から大人の社会見学、モノづくりに対する姿勢、そして忘れぬ遊びゴコロ。とても勉強になりました。

 

PLFUqFR5RLqMDIHKxfIorg_thumb_d399

そして、我々も過去に2度コラボさせていただきましたポートランドの雄、PENDLETON。コチラは一般の方も入れて購入も出来るオススメスポットです。

mz+9uB4YQ%ik8sIJV8MPKQ_thumb_d39f

店内には歴史を物語る素敵なディスプレイ。

J9CQOjvvSayhY5uBXaa3AA_thumb_d39c

今回コラボさせてもらったハットに使われている生地を発見!ヤード単位で販売されていました。

k3atl9nrQg2upFxUXw%wjQ_thumb_d3a6

日本が誇るアウトドアメーカー“snow peak”もニューヨークともう一つがここポートランドに店舗展開されていました。

2la22XFRT3iBuNLKBO2+gQ_thumb_d3a8

アメリカでもスノーピークの人気がある事を痛感いたしました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_d378

そして、もう一つのジャパンブランド“mont-bell”も近日オープンだとか!?

 

vUdtk6IGTYePZipJ5285%g_thumb_d351

初日の夜はアメリカに来て、なぜかモンゴリアン料理。笑 いわゆるセルフ焼そば(具材や調味料は自分で盛り付け)をシェフにこの大盤の鉄板で料理してもらう。初体験。美味しゅう御座いました。

 

つづく

2016/07/11

ヨーロッパ弾丸ツアー ~グルメ事情~


続きまして、ヨーロッパ弾丸ツアー ~グルメ事情~。
(ここからはアウトドアには全く関係ありません。悪しからず)

 

現地を歩いていると、色んな食べ物が私を誘惑してきます、、

海外で美味しいモノを食べるのも旅の醍醐味ですね。

 

オランダと言えばやはり『ニシン』。この時期(6~7月)は最高に美味しい。

日本ではあまり食べることがない。こちらでは、街のあらゆる所でニシンスタンド(売店)があります。

にしん

単品のニシンも美味しいが、サンドイッチも良い。付属のピクルスが◎。

自作で作ってみようと現在検討中。いや本当に美味しいんです。

 

またDen Haagにあったポテト屋さんの『FRITES ATELIER』も超絶美味でした。

frites atelier fries french fries

ポテトの上には、チーズやライムを擦り下ろし、オリジナルのアボガドソースで食べる。

 

ベーグルサンドも良し。

lunch

 

さらに、現地を歩いていると、喉が渇くわけで。

beer
地ビールで喉を潤し、小休憩。

 

時には甘いものが欲しくなり、アップルパイも食べる。

dudok applepie

 

 

そしてヨーロッパの夜は長い。

 

夜の10時でも外は明るい。

ams river

ひたすら歩き、地元の人で賑わう店を探す。

 

ココで素敵な出会いが。

 

オランダには、数日居たのですが。

とあるレストランの前を通りがかった際に、

とにかく賑わう、こじんまりとしたお店を発見。

ここは絶対良いお店。と確信。

一人で店に入り、席が空いているか?と確認するも、満席の為断られる。

いや、カウンターで良いんだ❗と伝えるが、残念ながら予約で一杯と笑顔で断られる。

絶対にココで食べたいと思い、予約をするも、なんと一人席が空くのは三日後。

ならばと思い予約する。

 

当日、楽しみすぎて19時の予約1時間前に現地に到着。

少し時間があるので、レストラン周辺で人間ウォッチング。

ご存知の方も居られるかもしれませんが、

マイルストーンのカタログに掲載されているモデルたちは、

すべて現地調達。しかも一般人。

あっ!と一瞬、

イメージに合う人が通りすぎる。

思わず追いかけて声を掛ける。

すると快く対応してくれた彼。

MS-C2を装着してくれ撮影開始。

写真を撮りながら、会話が弾む。

僕) 忙しいのに、足を留めてごめんね
彼) 全然問題ないよ

僕) 今からどこに行くとこだったの?
彼) 彼女の所に夕食を食べに

僕) そうなんだ?んじゃすぐ終わらせるよ
彼) 君は?

僕) そこのレストランに7時に予約してるんだ、凄い人気の店っぽいんだ。
彼) そこって、もしかして『CAFE de KLEPEL』?

僕) あっ、そうそう。先日通りがかった時、もの凄く活気があったので。
彼) そこは僕の両親の店なんだ❗

僕) マジ?
彼) ああ。

僕) 凄い偶然だね
彼) しかも土曜日に、予約がとれたんなんて凄いラッキーだね

僕) そんなに人気なんだ?
彼) いつもこんな感じ。両親にこの写真を見せたら驚くだろうね????

僕) オッケー、見つけたら声を掛けるよ
彼) ディスカウントは出来ないんだけどけどね。

僕) ノープロブレム

という、会話が3分くらいで繰り広げられ、撮影は終わった。

後に両親に逢うことが出来て、お母さんに経緯を伝え、息子の写真を見せると

 

母) オー・ザッツ・マイ・ベイビー!

と息子がええ感じに撮影された写真を見て凄く喜んでくれました。

こちらの写真は9月に完成予定のマイルストーンカタログ Vol.3  2016-2017 に掲載予定。

だが、ブログを読んで頂いている皆様には一足お先に見て頂きたいので、こちらがその時の写真。

DSC_1011 DSC_0991_2

なかなかのナイスガイなわけで、、、

ちなみにその『CAFE de KLEPEL』の料理はこんな感じで今回の弾丸ツアーでは、一番美味しかっただったかと思います。

cafe de

しかし、海外で色んな人たちと友達の輪が広がっていくのは本当に嬉しいことである。

次回、ヨーロッパ弾丸旅行~芸術事情~ 続く