マイルストーン facebook マイルストーン twitter マイルストーン instagram マイルストーン youtube

ヘッドランプ/ランタン/アウトドア用品の milestone (マイルストーン)

HOME > ブログ > まさかの展開!Trailmasterが世界最高峰のレース『Western States Endurance Race』へ!?

ブログ

2018/06/20

まさかの展開!Trailmasterが世界最高峰のレース『Western States Endurance Race』へ!?


こんな事があるのか!? 事の発端は4月に行われたUTMF(Ultra Trail Mt. Fuji)。

JPEGイメージ-A2924556D885-1

 

私はアンバサダーをして頂いている土井陵選手と矢田夕子選手の応援に

 

milestone022

 

開催地の富士山へ行きました。

 

milestone022--6

 

両選手が素晴らしい結果を残されたのは、皆様もご承知の通りだと思います。

念の為コチラから

 

 

レース終了後、私は発売前の『Trailmaster』を展示しておりました。*レース翌日土井選手も駆け付けてくれました。

JPEGイメージ-7237B2ACD9EF-1

 

そこにやって来たのは、「Official Photographer」のゼッケンをつけた外国人カメラマンのArno氏。

 

彼に話しかけた私は、色々と製品に対する思いを伝えると共に、彼からもアドバイスを頂きました。あまりに的を得た所を指摘してくれたので、製品が完成したらプロモーションサンプルを送ろうと考えていました。

 

がしかし、世界を駆け回るUltra Trail World Tourのオフィシャルカメラマンなので、プロトタイプのプロトタイプではあったのですが、“これで良かったら使ってみて欲しい!”とその場で渡しました。

 

—————————————————————————————————————-

数週間後、彼から連絡があり、“Big News”だと。

—————————————————————————————————————-

 

UTMFの姉妹レースが先日オーストラリアで開催され(UTAW)、そこでショートレースの大会新記録を残した若き期待の女性ランナーLucy Bartholomew(International Salomon Athlete) さんのインタビューをしている。

 

 

そこでTrailmasterを見せたら、凄く気に入って…

 

 

 

しかも、彼女が100マイルレースの最高峰、Western States Endurance Race (アメリカ)に出場する…

 

 

 

可能であればTrailmasterを使ってみたいと…

 

 

 

量産前の最終調整品ではあるが、先日彼女がいるカリフォルニアへ送ってみた。

 

 

 

すると連絡があり、『このヘッドランプ最高!』、『間違いなく、今週末に行われるWestern States Endurance Raceで使うわ!』と写真付きで送って来てくれた。

JPEGイメージ-015E0040C558-1

Instagram 43000人ものフォロワーがいる世界のトップアスリートが、無名のmilestoneという日本製のヘッドランプを使いたいと言ってくれた。

 

 こんなご縁を与えてくれたカメラマンのArnoに感謝すると共に、5000マイル離れた遠く日本から今週末に行われる彼女のレースを応援したいと思います。

 

がんばれLucy! 良い仕事をしろよTrailmaster !!

 

 

 

ちなみに… Western States 100とは… (wikipediaより)

ウェスタンステイツ・エンデュランスラン(英、The Western States Endurance Run)は、アメリカカリフォルニア州の山岳地帯の100マイル(161km)を走るトレイルレースのウルトラマラソン。一般にはウェスタンステイツ100として知られる。2014年よりウルトラトレイル・ワールドツアーに含まれている。

1977年より開催され、世界で最も古く最も権威のある100マイルトレイルレースといわれる[1]。Vermont 100 Mile Endurance Run、the Wasatch Front 100 Mile Endurance Run、the Leadville Trail 100と並び、米国ウルトラマラソン4大大会(グランドスラム)に数えられ、米国では最もよく知られたウルトラマラソン・トレイルレースである[2]

上りで5500メートル、下りで7000メートルの標高差を制限時間30時間以内で走る。毎年平均300人から400人ほどがスタートするが、24時間以内で完走するのは15から30%ほどの参加者だけである。