マイルストーン facebook マイルストーン twitter マイルストーン instagram マイルストーン youtube

ヘッドランプ/ランタン/アウトドア用品の milestone (マイルストーン)

HOME > ブログ > 「UTMF_2019」今年も沢山の感動をありがとう

ブログ

2019/05/16

「UTMF_2019」今年も沢山の感動をありがとう


今年も行ってきました「UTMF」。ご存知でない方の為に「UTMF:Ultra Trail Mt. Fuji」とは走行距離100マイル(約168km)にも及ぶ富士山の山麓、登山道、歩道、林道を走り繋ぐトレイルランニングレース。ワールドシリーズ21戦の中、日本で開催される唯一の大会。

 

私自身は今年で2回目の参加。走る方ではなく、出店の方です。汗  

 

スタート前から雨が続きトレイルは寒く、泥まみれが予想された。IMG_4800

 

今年、MS-F1:Trailmasterをサポートさせていただいたのは、貫禄十分の土井陵氏。JPEGイメージ-028A3D58FF82-1

 

陽気で元気な若手のホープ、川崎雄哉氏。milestoneキャップ着用で走ってくれました。

JPEGイメージ-7F432E3B26F0-1

 

レースウェアに「“milestone”のロゴをプリントしましたよ!」って見せに来てくれたキクリンこと菊島啓氏。

JPEGイメージ-A2A7B01FAF7B-1

 

そしていよいよスタート3分前。このピーンッとした空気感、全身に鳥肌が立ちます。現場にいる人のみが分かるこの緊張感。

IMG_4815

 

カウントダウンが始まり一斉にスタート。

DSC_9311

 

トップ選手は凄い勢いで観衆を抜けてトレイルへと。3人の中で一番最初に「A2 : 麓 / 50km地点」に到着したのはトップ10以内に食い込んだ川崎氏。笑顔で調子は良さそうでした。

JPEGイメージ-9E7EFA6E0477-1

 

続いて土井氏が現れる。

DSC_9391

 

100マイルレースなのでまだまだ序盤とサポーターと会話を交わす。

DSC_9397

 

そして菊島氏が到着。が、急いでいたのか、トレイルマスターを逆さに装着するハプニング。笑

DSC_9438

 

お茶目なキクリンは笑顔で装着し直す。

DSC_9440

 

サポーターにはVESPA斎藤さん

DSC_9445

 

そして「ヤマケン」こと山本健一さんという最強サポーターのお二人と握手を交わす。

DSC_9446

 

「キクシマスマイル」を振りまき、麓を後にする。

DSC_9456

 

そして「A5 : 勝山/ 95km地点」に現れたのは川崎氏。

DSC_0032

 

トップ10をキープしているので、エイドに到着するとメディアが囲む。

DSC_0017

 

トレイルマスター のサイドに装備されているQDS“クイックダイヤルシステム”をもサポーターが調整する。隣で大瀬選手がライブ中継をされていました。

DSC_0023

 

少し表情が曇っていたのはレンズ越しに伺えた。既に足に違和感を感じていたのか!?

DSC_0035

 

続いて土井氏がやってきた。

DSC_0085

 

奥様から愛情でチャージ完了。フル充電されていました。笑

DSC_0107

 

そして「A7 : きらら / 127km地点」。川崎氏がリタイアしたことをココで知る。

以前、土井氏が行っていた“100マイルレースはココからが勝負”。トレイルマスター の光で履き替えたシューズの紐を入念に縛りチェックする。

DSC_0152

 

明け方の二重曲峠。

DSC_0259

 

 

そしていよいよ最終エイド「A9 : 富士吉田 / 159km地点」親子三代で走る光景は感動したが、土井氏の表情が相当辛そうなのが伺え、後に肉離れをしていたことを知る。

DSC_0349

 

ココまで来たら、気合いと根性で走る姿に感動する。

DSC_0385

 

ゴール直前、後ろから追ってきた伊藤氏に追いつかれるも、子供たちが迎えに行く。大瀬氏は笑顔でライブ配信中。

DSC_0425

 

まさかの去年同様、感動のシーンを2度も味わえるとは… 泣。同時ゴールで8位、22時間51分39秒。

DSC_0461

 

鏑木実行委員長よりインタビューを受けるお二方。

DSC_0492

 

表彰式では晴れた笑顔で

DSC_0657

 

8位おめでとうございます。

DSC_0614

 

 

そしてマイルストーンブースに報告しに来てくれました。

IMG_4953

 

結果的に天候悪化で積雪し、主催者よりレース短縮がアナウンスされた時点で最終エイドを出発していたランナー男女91名は100マイルを走り切ることが出来た。菊島選手は焦らず飛ばさずで77位、29時間13分39秒でゴール。最後までやり通すスタイルには感動しました。

 

そして今年はトレイルマスター を装着しているランナー「トレイルマスターズ」の姿も見かけました。

やはり現場で自社製品を装着している方を見ると感動しますね。思わず声をかけさせてもらいました。笑

 

これからも一人でも多くのランナーに明るさ、視認性、装着感、操作性を感じてもらいたいと思います。

 

また来年UTMFでお会いしましょう!