マイルストーン facebook マイルストーン twitter マイルストーン instagram マイルストーン youtube

ヘッドランプ/ランタン/アウトドア用品の milestone (マイルストーン)

HOME > ブログ

ブログ

2017/03/08

関東弾丸日帰りツアー <後編>


 

 

その後、数件の打ち合わせをしたのち今回の目的、『NORDISK CAMP SUPPLY by ROOTS』のレセプションへ。

2

オシャレな仕上がりになっている店内は人でごった返し。

IMG_3369

名刺交換をしている人、仲間と話している人、様々な人たちが居る中に

IMG_3370

NORDISKのテントが鎮座しており、

fullsizeoutput_bac

弊社製品も良い感じに陳列して頂いております。

IMG_3382 IMG_3375 IMG_3373

ROOTによりセレクトされた品々。

IMG_3366

NORDISKのCEO、ERICもご満悦のようでした。

 

fullsizeoutput_bbf

テントの在庫はこのように店舗天井部に

 

fullsizeoutput_bb8

とにかく、人、人、人、で大盛況だったレセプションパーティー。このような素晴らしいお店に弊社製品を選んでくれたROOTの山根さん、春山さんに感謝の気持ちを。

 

そして、アウトドアが好きなら是非とも東京の新名所を覗いてみて下さい。

 

2017/03/07

関東弾丸日帰りツアー <前編>


先週末の金曜日は早朝に大阪を出て、初めて『つくばエクスプレス』に秋葉原より乗車!

IMG_3280

向かった目的地はこちらの『柏の葉キャンパス』。

IMG_3284

milestone製品をほぼ全店にてお取り扱いしてくれている『A&F』さんの新店、その名も『A&F_柏の葉キャンパス店』。

IMG_3287

店内は『安定のオシャレ感満載』で、ロケーション的に若い夫婦も多く“ベビーカーのお客様も店内をグルッと見ていただけるように”という事で、店内中央部は高くなっているのですが、スロープ状に設計されたとの事。流石ですね。

IMG_3299

その中央部にmilestone製品も展開して頂いております。感謝。

IMG_3294

この『A&F柏の葉キャンパス店』は蔦屋書店が展開する商業施設“T-site”の一角にあります。あたりの雰囲気や空間がとても気持ちが良いのでお近くの方は是非とも行ってくださいね。

IMG_3310

そして都内に戻る途中、北千住駅にて下車。こちらの駅横にあるマルイの中にも取引先があるので、ご挨拶に。。。

IMG_3312

がしかし、リニューアルのため工事中。

IMG_3313

 

3月中旬にリニューアル・オープンしますので、こちらも是非ともお立ち寄りくださいね。

 

つづく

 

 

2017/02/28

『NORDISK CAMP SUPPLY SHOP by ROOT』 今週末にオープン。


   キャンパーにはお馴染みのデンマーク発、“NORDISK”が世界初の直営店を東京砧に、今週末の土曜日にOPENする、その名も『NORDISK CAMP SUPPLY SHOP by ROOT』img01

『ROOT』といえば、代官山にあるセレクトショップでF/CEなどを手掛ける山根氏のお店。そのROOTがトータルディレクションをし、NORDISKを始めアパレル、ギアなどをセレクト。また店舗内にはカフェが設けられ、素敵な空間となっている。

FullSizeRender

錚々たるブランドの中、弊社マイルストーンも取扱して頂けるとの事。とても嬉しい限りであります。店舗前と写真右側のフェンスの所にはベンチがあるので、淹れたての珈琲でも飲んで仲間と話しながら、くつろぎたいですね。

3

扉のノブにはこだわりの斧が。

2

皆さん、今週土曜日はNORISK CAMP SUPPLY STORE by ROOTに集合ですよ。

 

関係者には前日レセプションがあるとの事で、ご招待頂きましたので日帰り弾丸ツアーを組み伺いたいと思います。

img02

2017/01/27

MSC-005 シリーズ発売開始。


大阪を拠点におかれている帽子メーカーclefさんとの第4弾コラボ(MSC-005)が遂に登場。互いの特長を生かし、培ってきたノウハウを結合させたこのシリーズ。

 

MSC-005-B2--1サイドには互いのタグが施され、

MSC-005-B2--2

男女で使えるようにと、お馴染みのサイズアジャスト機能搭載。

MSC-005-B3--5

カラーはネイビー×ライトブルー。そしてCOOLEVER(吸水速乾素材)のスベリ(汗止め)

MSC-005-B3--4

そしてマスタード × ブラウン。ツバにはWIRED BRIM(ツバ部にワイヤー内蔵)で好みの形状を記憶する事が出来る。

 

MSC-005-B3--3

 

新製品の充電式ヘッドランプMS-B1+を搭載。USBケーブルや、もちろんヘッドバンドも付属されている。明るさは最大250ルーメン。

MSC-005-B1+

スタンダードモデルのMS-B1。明るさ160ルーメン。パナソニック製乾電池同梱。

MSC-005-B1

キャンパー御用達、手をかざしてオン・オフが可能な人気”モーションセンサー”搭載のMS-B2

MSC-005-B2

明るさを感知して自動調光してくれる”距離センサー搭載”のMS-B3

MSC-005-B3

 

今回も素晴らしい仕上がりになっております。こちらは双方のオンラインショップ限定モデル。そして各地で行われるイベントに展示、販売予定。

 

オンラインショップでは本日より販売スタートします。

2016/11/15

追記:『MS-B1+』取扱店舗


新たに導入が決まりました店舗は以下の通りです。

お近くの方は是非とも新製品の充電式ヘッドランプ『MS-B1+』を体感してください。

originalL

東京:ICI石井スポーツ大丸東京

東京:ICI石井スポーツ吉祥寺

東京:ICI石井スポーツ新宿西口

東京:ICI石井スポーツ立川

東京:アートスポーツODBOX本店

東京:アートスポーツODBOX渋谷店

東京:UNBY GENERAL GOODS STORE   原宿店

埼玉:ICI石井スポーツ川越

埼玉:ICI石井スポーツ大宮

埼玉:ICI石井スポーツ越谷レイクタウン

神奈川:ICI石井スポーツ横浜

愛知:UNBY GENERAL GOODS STORE  名古屋店

兵庫県:IBS石井スポーツダイエー神戸三宮駅前店

大阪:UNBY GENERAL GOODS STORE 堀江店

 

 

 

 

2016/11/08

MS-B1+ : 取扱店舗まとめ


先月末に新発売となりました充電式のヘッドランプ『MS-B1+』カラーはクラウド。

packagel9

特徴としてはシリーズの中でも人気の定番スタンダードモデルの『MS-B1』の機能をアップグレード(プラス)したモデル。1)明るさ最大250ルーメンにアップ、2)充電式、3)エコノミーモード搭載、4)電池式より軽量化など。

title

 

 

 

多数、お客様より問い合わせがありましたので、現時点での取扱店舗は以下となります。 宜しければ店舗でチェックしてみてください。

 

東京:BOZEMAN

神奈川:sotosotodays

長野:ICI石井スポーツ松本店

大阪:おおさかキャンパル

岡山:ニッチリッチキャッチ

和歌山:ORANGE

岡山:おおさネイチャークラブ

京都:アクア

青森:グリーンハウス八戸

大阪:IBS石井スポーツ梅田店

富山:ランプジャック掛尾店

長野:アルススポーツ

長野:バンバン松本店

長野:バンバン上田店

長野:バンバン高田店

山梨:SUNDAY

東京:ICI石井スポーツ登山本店

東京:ICI石井山専ビックロ店

北海道:秀岳荘旭川店

北海道:秀岳荘北大店

北海道:秀岳荘白石店

東京:さかいやスポーツエコープラザ

新潟:パーマーク

神奈川:アウトドアワールド東大和

神奈川:myX

山形:カスカワスポーツ

青森:グリーンハウス青森

青森:グリーンハウス盛岡

徳島:アレックス沖浜

静岡:シラトリスポーツ富士店

静岡:シラトリスポーツ藤枝店

静岡:シラトリスポーツ黄瀬川店

静岡:シラトリスポーツ静岡店

神奈川:シラトリスポーツ湘南店

静岡:シラトリスポーツ浜松店

新潟:ウエスト三条店

滋賀県:凸品

東京:ICI石井山専原宿店

広島:アシーズ福山店

広島:アシーズ広島店

岡山:アシーズ岡山店

鳥取:アシーズ米子店

千葉:A&F成田空港店

東京:A&F新宿本店

東京:A&F渋谷ヒカリエ店

東京:A&F昭島店

神奈川:A&F溝口店

東京:A&F北千住店

東京:A&F国分寺店

長野:A&F安曇野店

愛知:A&F名古屋ラシック店

大阪:A&F albi大阪店

大阪:A&FE-ma店

福岡:GRiPS

大阪:錦ロイヤル

佐賀:ベースキャンプ

大分:山渓

福岡:ラリーグラス

兵庫:クランクスアウトドア-

富山:オンス

 

(順不同)

 

2016/10/15

IPX(防水性能)について


いつも弊社製品をご利用頂いている皆様、並びに今後ご購入を検討されている皆様へ『防水性能』について、少しご説明させて頂きます。一般的にヘッドランプを含む電子機器には『防滴』と『防水』の2種類に分かれます。

img_20160404_121242

 

製品化させる前に、上記内容を判別させるため、”IPX”という防水検査を第三者機関にて行います。これは、一定の水量を本体に掛け、本体内部に水が浸入していないかをテストします。一般的にIPX4,5,6までを『防滴』とし、IPX7,8を『防水』と言います。

wikipedia参照

 

では、『防滴』の製品をどのようにテストするか?

まず、回転盤の上にテストしたい製品を置きます。少し離れた所からホースで製品に目がけて一気に水を掛けます。ホースのノズル(穴の大きさ)で水の出る量を調節し、テストしたいレベルを決めます。つまりIPX6の検査を行う時はIPX4の時よりも水の量は多くなるというわけであります。

 

次に『防水』の製品をテストするには?

こちらは、水を掛けても本体内部に水が入らないというのを大前提としているので水槽でテストします。防水テストの場合は水の量というよりも本体を水中に沈める『深さ』と『時間』で測定します。

 

長い前置きとなりましたが、現時点で弊社のラインナップとしてはIPX5、6レベルの『防滴仕様』のヘッドランプしかありません。勿論、パッケージや取扱説明書にも明確に記載しています。

 

呉々も正しい使い方をしていただければと思います。

 

また、今後はアドベンチャーレースやマリンスポーツなどハードな状況下でも安心して使っていただける『完全防水機能』を搭載した製品開発も進めていきたいと考えております。

 

長くなりましたが、引き続きマイルストーン製品をどうぞ宜しくお願い致します。

2016/10/04

OR(アウトドア・リテイラー・ショー) 其の弐


『其の壱』でも伝えたようにKEENの凄さを改めて知りました。

 

dsc_1043

山系、サーフ系や、タウンユースの方にも力をいれているパタゴニア。

 

dsc_1085

個人的にも愛用しているGRAMICCI。

 

 

dsc_1086

日本勢も出展していました。SNOWPEAK社。

dsc_1096 ファスナーといえばYKKではないでしょうか?

dsc_1114

他に国内からは新富士バーナー社(SOTO)なども出展されていました。

dsc_1115

凄い人気だったのが、STANLEY。MASTER Seriesは特に人気のようでした。

本当に色々と勉強になったORショー。是非来年も行けるように我々マイルストーンも頑張っていきたいと思います。

 

そして帰り際、間違えて裏口のほうから出てしまい目の前に出てきたのがコチラのコンテナーケース。海外ではこのような木箱で輸送するんですね。凄い絵だったので思わず数枚撮りました。

dsc_1123 dsc_1124 dsc_1125 dsc_1126

以上。

 

 

2016/09/26

OR(アウトドア・リテイラー・ショー) 其の壱


今回、ご縁があってORショーに行くことが出来た。これは小売店向けの展示会。世界各国から訪れる業者の人たちに紛れて、今回初めて本場アメリカのORショーに行くことが出来ました。まずは会場の全貌。この写真、実は、、、

dsc_1154

会場向かいにある展示会期間中のKEENの観覧車から撮影したもの。

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-08-10-10-43-51

プロモーションの掛け方が桁違い。

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-08-10-10-41-12

完全に“ジャック”した感じ。

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-08-10-10-43-26 %e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-08-10-10-43-05 %e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-08-10-10-40-50

テーブルには花瓶ではなく、KEENの新作に植えられた花々。また、この新作のUNEEKを来場者に先着500名!?に無料配布するなど大盤振る舞い。凄いです。

そして、会場の中というと、、、今回の目的である海外トップメーカー勢の今後の動き。特にヘッドランプ関係はとても気になっていたので、早速、チェック。

先ずは世界NO.1(自己調べ)のヘッドランプメーカーPETZL。来年もすごい製品が発売されそうですね。

dsc_1052

続いてはPETZLに次いで優れた製品をリーズナブルな価格帯で展開するB.DことBlackDiamond社。新型のSPOTに合わせ、今後リリースされる製品はデザインが統一された形になっていく。

dsc_1081

日本ではあまり知られていないCOAST。どちらかというと工具系に強いライトメーカー。

dsc_1047

そして、不動の地位を築く、MAGLITE。

dsc_1037

ホームセンターなどで見るようになってきたEnergizer。

dsc_1038

今回視察に行ったことにより、今後我々がどういう動きをすべきかが明確になったショーでした。

 

つづく

2016/09/24

最終目的地:イエローストーン国立公園


そして、一同は早朝に起きソルトレイクシティから西へ一時間半。目指すはBonneville Salt Flat。途中、休憩所に車を止めると、どでかいトラックを発見。昔、スタローン主演のオーバーザトップでこのようなコンボイトラックに憧れていた時もあったような。

dsc_0317

道はひたすら真っ直ぐで、ようやく到着した入口。

dsc_0802

これ雪ではなく、塩なんです。すごい量の塩です。なんかJEEP社のCMにつかえるような絵ですが、、、 

dsc_0347

そしてさらにここから一気に550km北上しGRAND TETONを経由し、目指すはイエローストーン国立公園。スケールの大きさ。空気の綺麗さ。自然ってすごいと感じることができる光景を何度も目にしました。

dsc_0676dsc_0679 dsc_0945 dsc_0856 dsc_0797 dsc_0909

また次回必ず行きたいと思う場所ですね。最高でした。

 

つづく。