マイルストーン facebook マイルストーン twitter マイルストーン instagram マイルストーン youtube

ヘッドランプ/ランタン/アウトドア用品の milestone (マイルストーン)

HOME > ブログ

ブログ

2020/03/04

milestone catalog vol.5完成間近!?


今年もカタログ作成の時期にやってきました。ブランドを立ち上げて6年。カタログ通算5冊目。過去の作品(カタログ)を並べると色んな思い出が蘇ってきます。笑。ご存知の方もおられるかもしれませんが、milesotneのカタログは自主制作なんです。つまりDIYスタイル。

JPEGイメージ-C9B132AB2172-1

色んなところに行って、色んな方達に撮影に協力してもらう。商品カタログと言うよりは、半分以上「写真集」のような仕上がりになっています。

-8049819424605088771_IMG_6147

カタログ制作チームはと言うと、ブランドスタートから変わらないメンバー。僕が全ての写真を撮影し、プロカメラマンの中島さんに加工してもらう。それをデザイナーのK君にレイアウトしてもらう。という最小人数の3人体制で毎回やっています。

僕以外はプロフェッショナルな方達なので、常に忙しくされていますが、いつも本当に良いパフォーマンス(仕事)をしれくれています。

そして今作が5冊目。微妙に細かい所もアップデートもされています。

スクリーンショット 2020-03-04 9.58.15

モデルは?というと全て現地調達。ブランドコンセプトやイメージもあるので、”この人にモデルになって欲しい”と思ったら、その場で相手に思いを伝え、交渉し(ナンパのような感じでw)協力してもらうスタイル。それも毎年続いています。

また、カタログが完成し毎回思うのが、「こんなカタログは来年絶対に作れない」。つまり「こんな良い素材をこれ以上撮影できない」って本当に思います。

 

さて、本題に戻りますが、例年と違うのは、マイルストーンのヘッドランプの他にオリジナルグッズ(キャップ、Tシャツ、専用ケースなど)を掲載しています。

スクリーンショット 2020-03-04 10.22.59

そして、コレも毎回続いています。フルラインナップを並べ、点灯させて撮影する。いわばファミリー写真シリーズ。

スクリーンショット 2020-03-03 11.43.57

それから、いつも言われるのが「milestoneって海外のメーカーと思っていた!」と言われるので、今回はお二人の日本人の方にも撮影協力いただいております。

電子カタログも近日中にアップしますが、是非ともmilesotneの世界観やカタログの質感も合わせて感じてもらいたいので、お近くのショップでチェックしてみてくださいね。

2019-2020 vol.4はコチラ

2020/03/02

イベント延期のお知らせ


IMG_32C06715F55F-1

こちらのイベント「トレイルランナー土井陵といく生駒ナイトトレイル」は新型コロナウィルスの影響で延期させて頂きます。すでにエントリーされていた方、又前向きのエントリーを考えて頂いていた方には大変ご迷惑をお掛けしますが、ご理解のほど宜しくお願い致します。

 

尚、延期日程に関しましては別途、こちらのブログやSNSにて改めてご案内させて頂きます。

 

引き続きどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

2020/02/27

「トレイルランナー土井陵と行く生駒ナイトトレイル」開催


3月11日(水)19:00よりトレイルランナーの土井陵さんを招いて生駒ナイトトレイルを行います。

2019_09-179

実際に弊社フラッグシップモデルのトレイルマスターの商品開発に携わって頂いた方から貴重なお話しもあるかと思います。*当日、ヘッドランプの貸し出しも行います。

2019_09-177

世界の様々なレースで素晴らしい成績を残されている土井さんと一緒に走りませんか?

2019_09-168

 

主催:ランナーズバー蒼い月人

 

参加ご希望の方はコチラから

https://www.facebook.com/events/175669580542663/?active_tab=about

 

大阪平野が一望できる生駒山を舞台にナイトトレイルイベントを開催します。ナイトトレイルが初めての方~ロングトレイル対策まで、トレイルランニングの醍醐味の一つナイトトレイルを深く安全に楽しむためのイベントです。講師にはUTMF/UTMBを始め国内外のトレイルレースで優秀な成績を収め活躍中の日本を代表する大阪出身のトレイルランナー土井陵。ヘッドライトのサポートには大阪発のライトブランド、マイルストーンの貸出を行います。

講師:土井 陵 選手
学生時代はバスケットをしており30歳を過ぎた頃からランニングを始める。マラソン練習の一環で始めたトレイルランニングレースの優勝をきっかけに数々のレースで優勝を含め優秀な成績を収め、現在も海外レースなどでも日本を代表するトップランナーとして活躍中。好きな食べ物カレー

ヘッドライト:milesone
海外のトップランナーも多数愛用している大阪発の日本を代表する最高峰のヘッドライトブランド
http://milestone81.com/

集合場所:近鉄石切駅前、北出口西側付近。
ファミリーマート前付近に19:00集合。
https://goo.gl/maps/AgWL144yGKCifx4j9
ブリーフィング・コース説明等を行った後19:30に開始します。

募集人数:10~20名
※最小催行人数10名

参加費:2500円
※参加費に保険代を含みます。
集合時に徴収いたしますのでお釣りがないようにお願いします。

★特典★
①大阪発のヘッドライトメーカーマイルストーン社のヘッドライト(トレイルマスターとGシリーズ)の無料貸出。
②蒼い月人ドリンク1杯無料券
③他当日発表のサプライズ特典あり

対象者:トレイルランニング経験者(走力は問いません)
※走力には個人差があり夜間イベントのため全体行動となります。

コース:当日発表
※ワンウェイのコースになりますので荷物をゴール地点まで搬送します。途中トイレ休憩も挟みます。

持ち物
・防寒具(軽量ダウン同等のもの)
・長ズボンまたはスパッツ
・レイン上衣(雨予報の際は下衣も)
・エマージェンシーシート
・ファーストエイド
・補給食
・水500ml
・予備ライト
(当日マイルストーン社のライトを貸出しますが、自身で一基は持参して下さい。ない方は予備ライトも貸し出します。)

雨天時
・小雨決行。雨天や荒天の場合はランナーズBAR蒼い月人にて土井選手を囲んでヘッドライト・他に関する講習などを行う予定です。

2020/02/10

土井陵 インタビューHK4TUC、トレイルマスター のレビュー


この方に出会って常に刺激を貰いながら仲良くさせて貰っています!男として、父として、ランナーとして、人間として尊敬できる1人です。

84704009_791723447959186_1406332963141976064_n

僕はヘッドランプメーカーの者ですが、昔から写真を撮るのも好きで、彼を密着取材させて貰っています。

実は初めて行ったトレイルランニングのレースが2018年のUTMF。通称『F』

DSC_2561知らない方のために、UTMFとは日本最大のトレイルランニング100マイルレース(168kmくらい)。 このヘッドランプ、『トレイルマスター』の考案者でもある彼がプロトタイプを装着して走ってくれるという事で、右も左もわからないまま、無我夢中で追っかけた〔車で〕。 土地勘ゼロの僕は地図を見ながら必死に追っかけてエイドステーションでシャッターを切った。

DSC_3043
そしてレースの結果は、大瀬選手と共に6位で同時ゴールした感動のシーンを目の当たりにした。

DSC_3230

初めてのレースで凄い展開で身震いしながら涙を拭きながらシャッターを切ったのを鮮明に覚えています。
DSC_3246
だって自分たちが作った製品を装着して走ってくれる訳ですから。

DSC_2610

それから2019年の『F』やフランスのモンブランを駆け抜ける世界最高峰のトレイルランニングレース、UTMB、通称『B』でも密着させてもらいました。

DSC_7283

今回の香港4トレイルウルトラチャレンジ通称『HK4TUC』にもお声がけ頂いたが、スケジュールの都合上行けなかった。

でも、何かの形で携わりたいという思いがこみ上げインタビューを試み、相談してみると快く承諾してくれた。

写真は撮るが動画撮影は得意ではない。細かい設定は苦手な方。案の定、音声がモノラル録音になっていた😅。 また編集は初めてだったけど、何とか形になった。

今回のHK4TUCに行けなかったので、インタビュー前にレースの写真を見せてもらったら、すごく綺麗で感動した。

84540228_463883234487078_1354989674250108928_n 84596202_862785054174697_55057550839644160_n 84529654_120018882703378_3400351451061420032_n 84528815_614094309423469_5419646023381286912_n

その場で、すぐにスライドショーを作り後ろのモニターで流しながら雰囲気を作ってみた。
☆この時点ではカメラマンからは了承を得ていない☆

そしてインタビュー撮影後に、オリジナルの写真を持っている香港在住のカメラマンの @violashum@photoguavaに連絡を取り、コンセプトと気持ちを伝えた。

HK4TUC_200131_0054 HK4TUC_200131_0043 HK4TUC_200131_0023 HK4TUC_200131_0022 HK4TUC_200131_0015
すると2人とも承諾してくれてオリジナルの画像を送ってくれた。しかも凄い早い対応で本当に嬉しかった。

こうやっていろんな方の協力を経て自主制作の動画ができた!

超多忙の中、音声トラブルの処理とBGMを一緒に作ってくれた @sotafurugenaka NOAHにも最大級の感謝を

そんな偉業を成し遂げた尊敬する土井 陵 @doichin3 さんの動画是非とも見て下さい!

宜しくお願い致します🤲

#milestone81
#lightingyourway
#hk4tuc
#takashidoi
#milestoneambassador
#headlamp
#trailmaster
#trailrunning
#trailrunner
#トレイルランニング
#トレイルランナー
#トレイルマスター
#マイルストーン
#マイルストーン81
#土井陵
#ヘッドランプ

2020/01/27

「milestoneトライアルナイト」with ソトアソ


京阪私市駅前にあります『ソトアソ』さんにて「milestoneトライアルナイト」lを企画して頂きました。いわゆるヘッドランプを使った夜のグループランですね。IMG_0625

”雑誌で見たことある!”、”友達が使っている!”、”レースで使っている人を見た!”など今回のヘッドランプ『MS-F1:トレイルマスター』の存在を知ってくれている方がおられました。

IMG_1104

スタート前に、操作方法について質疑応答を行い、準備が出来たらいざトレイルへ!

IMG_0648

少しロードを走った後、トレイルが良い感じに続く。白色と電球色をワンプッシュで切り替える事が出来るトレイルマスター 。皆さんにもその見え方の違いを体感してもらいました。

IMG_3909

記念撮影は観音岩にて。空気が澄んでいたので、とにかく夜景が最高でした。

 

ウチも”TRY ON TRAILMASTER”をやりたいというショップさんやグループなどありましたらお気軽にお申し付けくださいませ。

 

2020/01/24

2020年1発目のグループラン@sotoaso


今年の1発目のイベントとしては、今週の日曜日(26日)大阪の私市(きさいち)にありますSotoasoさんにてグループランを行います。

originalL-1

ロングレースに参加予定のある方は勿論、初めてのナイトトレイルをする方には是非とも夜のレースでは必携品、ヘッドランプのトレイルマスターをお試しいただきたいと思います。

 

こちらの製品のこだわりとしては、とにかくフィット感を追求。長時間、頭に装着していると、どうしてもベルトの締め付けが痛くなったりすることありますよね?

img_5011

走りながらでもベルトの微調整が可能!というのもトレイルマスター の特徴の一つでもあります。→ 両サイドにありますQDS(クイックダイヤルシステム)が便利!

img_5012

時間と共に照度が落ちていくのではなく、連続点灯時間を一定の明るさにてキープするステイブルモードを搭載。

 

バッテリー自体特徴的な形をしているので暗闇の中でも形状が確認でき、ワンプッシュでバッテリー交換する事が可能。

MS-LB1

中でも一番の特徴はやはり、DUAL LEDs。白色と電球色のLEDを2灯標準装備しているので、状況に応じて(ガスった際)LEDの色を使い分けると視認性を確保する事ができる。

DSC_2511

今週末に参加できない方は、お近くのマイルストーン取扱店舗でグループランをされているのであれば、レンタル(貸し出し)も可能です。

 

 

 

 

2019/12/27

2019年を振り返って


2019年も終わろうとしています。

毎年思う事ですが、今年も早かったなぁ〜とw。

今年はアメリカの「アウトドア・リテイラー・ショー」通称”OR”へ出展しました。”OR”は刺激の多い展示会で大好きなアウトドアメーカーも多く、さすがアメリカという規模のショーでした。

IMG_6776

同業者ではありますが、あの世界のPETZL社の社長PETZL氏や、

IMG_2622

BDことBlackDiamondの統括デザイナーともお話出来たことがヘッドランプメーカーとしてブランドを立ち上げてよかったと感じたと同時に、まだまだ頑張らないとと痛感しました。

IMG_2643

Inov8アンバサダーのPeterに連れて行ってもらったコロラド州デンバーにあるトレイルランニングショップ”Berkeley Park Running Company”では、ALTRAアンバサダーのJason SchlarbやMirejuneと知り合うことも出来ました。

8774197151012212007_IMG_6156

5773977168275780333_IMG_6326

また、こちらのショップではアメリカ初となるmilestone製品(MS-F1:Trailmasterをはじめ、キャップなど)の取り扱いが開始されました。

 

そして今年は2度目の”F”(ランナーではありませんw)

IMG_4815

再びあの感動を体験させて頂きました。そして皆さまにも”milestone”というブランドを少しだけ認知してもらえたかなという実感はありました。

DSC_0461

8月にはフランスのアヌシーという街でサポートアスリートのルーシーに出会うことも出来た。良い感じのPVも完成ました

IMG_8604

みなさんご覧になられましたか?

IMG_2046

 

また、”B”は初参戦。レース前から約4日間”サロン”に出展しました。そこには世界の錚々たるトレイルランニングのメーカーが連なっていました。

IMG_9016 IMG_9021

同志たちとの一枚。

IMG_8981 IMG_9004 DSC_6345

 

噂通りの素晴らしいレース(こちらもランナーではありませんw)。

DSC_7171

土井選手を密着取材させてもらった。

 

DSC_7500

DSC_8066

Jasonが総合25位。アメリカ人としては1位でした。

DSC_8211

土井選手も途中お腹のトラブルがあったけれど、95位で無事にゴール。さすがの一言。

 

それにしてもUTMBはやはり世界最高峰のトレイルランニングの祭典。刺激が多かったし、来年も必ず参加したいと感じました。

 

2020年はどんな年になるのか!?

色々と考えて前進していきたいと思います。

皆様、引き続きどうぞ宜しくお願い致します!

 

2019/11/09

Trailmasterの動画に日本語訳付けました。


2019_09-060

今回、フランスで撮影してきた動画「Lucy Bartholomew meets milesotne」の動画に日本語訳を追加しました。

IMG_2044 IMG_2045 IMG_2046 IMG_2048 IMG_2049 IMG_2050

元々は海外PR用として作ったのと、Youtubeに素晴らしい翻訳機能があったので、あえて日本語訳は付けていなかったのですが、多数日本語訳が必要との声がありましたので、今回新たに一本動画を追加しました。

すでに本編をご覧になられた方もおられるかとは思いますが、改めて翻訳付きをご覧ください。

 

コチラからどうぞ→ 「【日本語訳付き】Lucy Bartholomew meets milestone -Trailmaster-」

どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

2019/10/01

「UTMB」の前入りした理由は…


そんなルーシーがトレイルランニングの世界最高峰の祭典「UTMB」の中の一つ、「CCC」に出場するかも?という情報をキャッチした。

DSC_7171

弊社もUTMBのサロン出店を予定していたので、事前に会えないか?また可能であれば、動画撮影を行えないか?と聞いてみたら、”喜んで!”と二つ返事でした。

前回、フランスで撮影したプロモーションビデオのクオリティが高く、センスも抜群のチーム、PeigneeVerticaleにお願いする事に。

スケジュールを確認すると、レース前は互いに厳しいという事で、その一週間前なら双方共にOKと承諾を得た。

製品を送って、丸投げで撮影をお任せするのは絶対に嫌だったので、友人宅に一週間お世話になり、前入りすることを決断。

 

そして撮影当日、ルーシーがシャモニーから撮影場所のアヌシーまでバスでやって来てくれた。初対面だが、直ぐに打ち解けた。

カメラチームの2名と合流し、車で現場へ向かった。

IMG_8580

おおっ、隣にルーシーが居る。

IMG_8579

山道を走っていると、牛達が

IMG_8583

登山口へ到着すると、豚と犬が迎え入れてくれた。

IMG_8586 IMG_8589

ここから山頂を目指す。

IMG_8590

さすがプロアスリートとプロカメラマン達。足取りが軽やか。着いていくのが精一杯。汗

IMG_8610

信じ難い光景とはこの事。下界は曇っていたけれど、我々は雲の上だった。泣。そこからサクサクっと打ち合わせを行い、撮影開始。

IMG_8607

自分は撮る側の予定だったけど、急遽撮られる側に。「作り手が表に出る」という事はエンドユーザーにもその思いが伝わるよ!と言われ。結果、こんな感じに仕上がりました。渾身の作品

是非ともご覧下さい。

 

2019/10/01

ルーシー・バーソロミューってご存知ですか?


そもそもルーシーって誰?と思われる方もおられると思いますので、改めて説明させていただきます。ルーシー・バーソロミューはオーストラリア在住のプロアスリート、職業:トレイルランナーでサロモンのトップアスリートでもあります。2019_09-044

では、そんな彼女とどうやって知り合ったか?と言いますと、、、2018年4月に行われた「UTMF」での出来事。当時トレイルマスター のプロトタイプを装着して走ってくれた2人、土井陵選手と矢田夕子選手の為にスペアを含め5台用意して挑みました。

*写真は総合6位で大瀬選手と同時ゴールした土井選手がレース後にブースに来てくれました。

DSC_3311

このブースに現れたのが、UTWT “Ultra Trail World Tour”のオフィシャルカメラマンのドイツ人のアーノ氏。彼が展示しているトレイルマスター を見つけ、私に言ってきた、”凄く良いヘッドライトだけど、ココをもっとこうした方が良い。”とか、”こういうのはどうか?”など積極的にアプローチをしてきたので、”プロトタイプだよ”と前置きしておいて、スペアのトレイルマスター をプレゼントした。

数ヶ月後、そのアーノ氏から慌ただしくメールが届いた。

「ビッグニュースだ!」と、「2017 Ultra Trail Australia 100」で女子の大会新記録を更新したルーシーにトレイルマスターを見せたら、凄く気に入っている、しかも来月アメリカの有名レース、「ウエスタンステイト100マイル」に装着したいと言っている、用意できるか?」と。

正直、発売前の製品を会った事もない人に送るのは抵抗があった。もし製品の不具合などあったら大変だ。

スケジュール的にもアメリカには行けそうもない。

 

その旨、アーノ氏に伝えると、、、「こんなチャンスは無い!彼女のアメリカの滞在先の住所を送るから直ぐに手配してくれ!」と。

 

そして、彼女と初めてメールで連絡を取る。凄く気さくな印象で商品は気に入ってくれているのは感じ取れた。

 

翌日、スペアのヘッドランプとバッテリーを梱包し、Good Luckという手紙を添えアメリカへ発送した。

 

すると、人生初の100マイルにも関わらず、見事2位という好成績でゴール。そのシーンはサロモンのオフィシャルなどで何度も取り上げられた。

LUCY2

おおっ!しっかり点灯しているではないか。

LUCY1

感動のシーン。

IMG_8571

一番見えて欲しいクイックダイヤルシステムがめくれ上がってますw。泣。

 

長い前置き失礼しました。これがルーシーとのキッカケであります。

それから何度も連絡を取るが面識までは至らない。がしかし遂にチャンスがやってきた。

 

続く。