マイルストーン facebook マイルストーン twitter マイルストーン instagram マイルストーン youtube

ヘッドランプ/ランタン/アウトドア用品の milestone (マイルストーン)

HOME > ブログ

ブログ

2020/11/05

ROAD TRIP 2020_関東編 -後半戦-


『ROAD TRIP 2020_”関東編”』の後半戦はレペゼン東京 STRIDE LABさんとのタイアップ企画。面識のあるメンツも多数参加してくれていて、どこかホーム感を感じました。IMG_0284

馬場店長のナビゲートにより16kmほどのグループラン。個人的には3日目という事と連日の運転で少し疲労が溜まっていました。汗

IMG_0292

参加された皆さんはイベント終了後も土井さんを囲ってウェアやギアについて質問されており、とても前向きなお話を聞けたのではないかと思います。

IMG_0332

移動中はイベントで使用されたヘッドランプのバッテリーを充電。

IMG_0342

そして、最終日。山梨県の甲府市にある『道がまっすぐ』さんへ

VOGC1087

日曜日という事と、店舗横にスペースがあるのでポップアップを開催!たくさんの方に見て、触れて、購入して頂きました!ありがとうございます。

IMG_0390

夜のグループランも皆さん、とにかく真剣で(笑いも多く)内容の濃いイベントでした。

IMG_0343

今回のイベントで参加費として集まった金額は土井選手の意向により復興支援の一つとして『ステージレース三陸311』に全額寄付させていただきたいと思います。

 

最後にmilestone presents…ROAD TRIP 2020_”関東編”が無事に終えれたのは、ご参加頂いた各地のトレイルランナーの皆さま、並びにご協力頂いたショップの皆さま(Runrax Running Company, Ametsuchi, StrideLab, 道がまっすぐ)、そして今回のプロジェクトに賛同してくれた土井陵選手に改めて御礼申し上げます。

機会があれば他の地方でも行いたいと思いますので、その際はどうぞ宜しくお願い致します。

 

milestone 西岡修平

2020.11.5

 

 

 

 

2020/11/04

ROAD TRIP 2020_関東編 -前半戦-


10/29(木)-11/1(日)まで4日間行われました 『milestone presents… ROAD TRIP 2020 “関東編”』を無事に終える事が出来ました。今回の企画のコンセプトはこちらの動画をご覧ください。

phonto 5

milestoneアンバサダーの土井陵選手と地域に根付いた関東のショップさんを周り、テクニックやワンポイントアドバイス、またナイトランの状況下でどの様にヘッドランプを使っているのかなど講習会を開きました。

IMG_0092

先ずは埼玉県、川口市にあるRUNARX RUNNING COMPANY。ショップから河川敷の土手を走り10分間の坂道ダッシュという中々内容の濃いイベントとなりました。

IMG_0103

翌日は早朝に宿を後にし、栃木県の日光へ。夜のグループランまで少し時間があるので、日光東照宮から女峰山へ。

BLJY3550

紅葉がとても綺麗で何度も足を止めました。*土井さんの早い足取りにはついていけなかっただけという話ですが、、、何とか無事に登頂成功。 IMG_0164

夜のグループランに向け、下山すると途中で星野由香理さんと合流。

IMG_0225

土井さんとの初セッションという事もあり、会話しながらとても楽しく走らせてもらいました。

123139399_363672291624475_5171890344816445474_n

IMG_0244

夜のグループランは20名以上の方が参加され、栃木のトレイルランニングのコミュニティはとても団結しているという印象を受けました。

IMG_0262

その日は星野夫妻宅に泊めて頂き、ご主人のアキさんに宇都宮名物のお手製餃子を振る舞って頂きました。

IMG_0259

まさに星野リゾートを満喫させて頂きました。笑

IMG_0281

翌朝、高尾山に向かう前に中禅寺湖へアテンドしてもらい、アキさんオススメの天然鮎をご馳走して頂きました。塩加減、焼き加減、最高でした。笑

123269354_991094811394156_4196643408782375399_n

前半戦の2日はとにかく最高な滑り出しでした。ご参加頂いた皆さま、RUNARXさん、Ametsuchiさん本当にありがとうございました。

 

 

後半へ続く

 

2020/10/26

ナイトトレイルの楽しみ方 feat. 矢田夕子


トレイルランニング専門誌『RUN+TRAIL』さんにて連載中の“ナイトトレイルの楽しみ方。” 毎回、弊社が魅力的だと感じるランナーにフォーカスをあて、初めて行った夜のトレイルでの面白エピソードや、実際にトレイルマスター を装着して走った際の使用感などについてインタビューさせてもらっています。DSC_1902

そして今回のゲストは、トレイルマスター が完成する前からプロトタイプをテストしてもらい、2016のUTMF準優勝の矢田夕子さんにフォーカスしてみました。

DSC_1922

初めてトレイルマスターを使ったのは2018のUTMF。それまでは単3電池を複数本入れるセパレートタイプ(電池が後頭部にあるタイプ)を使用しており、リチウムバッテリーの軽さとシンプルな操作性に驚いたという。

DSC_1992

締める時は前方方向に巻き上げ

DSC_2003

緩める際は、クイックダイヤルシステムのセンター部のボタンを押しリリースする。走っている最中でもワンプッシュでサイズ調整できるので気に入っているとの事。

DSC_2084

トレイルマスター は、セパレートタイプではありますが、前後のバランスがうまく取れた構造になっているので、重さはほとんど感じません。

DSC_2106

バッテリー交換は… 1) キャップを右手にバッテリーは左手に持ち

DSC_2107

2)写真のように電池をキャップに挿し込む。注意)*この際、バッテリーホルダーに電池を先に挿し込まれる方がいますが、これはNG。

DSC_2110

3)そしてキャップと電池がセットになった状態で、バッテリーホルダーに差し込み、*最後はキャップにあるクリップでホルダーと留める。慣れるとシンプルな順序で行えます。

DSC_2330

軽快な走りを見せる矢田選手。やはりフォームが綺麗。 DSC_2558

詳細は誌面を☑️!また、こちらのインタビューがRUN+TRAILのYOUTUBEチャンネルで見れるそうなので、合わせてチェックしてみてくださいね。

DSC_2137

様々なレースで好成績を残している矢田選手は現在いくつかの企業のランニングチームのサポートをする傍ら、ご主人と聖蹟桜ヶ丘にて『TREAT』というパーソナルトレーニングジムを展開しています

 

 

2020/10/19

milestoneの全てがわかる!? PEAKS11月号は必読。


絶賛発売中の“PEAKS11月号”の名物企画『野外道具探訪記』にて弊社『milestone』並びに親会社でもある釣具製造メーカーの『冨士灯器株式会社』とそのヘッドライトブランド『ZEXUS』について取り上げて頂きました。IMG_9867 

そもそも、この取材依頼があったのは、ライターの村石太郎氏がこちらのブログを読まれたそうで、、、 それまでは『milestone』という会社は海外メーカーの代理店、または商社のような会社だと思われていたとか。。。 確かにホームページやカタログを見ても海外のメーカーっぽく思われている方も多いんです。がしかし、実は大阪市阿倍野区にある下町工場なんです。

IMG_9866

代々、灯りに纏わる商品を作り続けて100周年。いわゆる『灯の一族』とも別の企画で命名して頂きました。笑。 メンズファッション誌:OCEANS WEB参照

 

ここでは、自身のアメリカ生活、ヒッポホップのプロデューサーとしての活動、そしてフリーランスの報道カメラマンとして過ごした日々など、かなり深く掘り下げて取材頂きました。そこからmilestoneブランドがどのようにして始動したのか、また弊社の主軸である冨士灯器株式会社としての展開など多岐にわたり掲載されております。

IMG_9864

ヘッドランプに対する思い、こだわり、フラッグシップモデルのトレイルマスター の製造工程、また今後展開されるアイテムの事まで網羅されております。

 

IMG_9865

是非とも書店にてチェックして頂ければ幸いです。

 

milestone 西岡修平

2020.10.20

 

2020/09/29

milestone presents… ROAD TRIP 2020 featuring 土井陵 〜LIGHTING (Y)OUR WAY〜


今年はコロナにより全国各地のトレイルランニングの大会やイベントが延期・中止となりましたね。これはランナーの皆さんはもちろん、我々メーカーも売り上げだけではなく(汗)、モチベーションも下がってしまいました。

 

DSC_7171

 

そんな中、アンバサダーの土井陵さんと話している時、“何か自分たちに出来る事はないか?”、“こんな時だからこそ、我々で少しでも盛り上げることは出来ないか?”と。

 

MST-002-WOMENS'--4

 

ご存知でない方の為に『土井陵さん』と言えば、世界のレースで輝かしい結果を残されているトップアスリートです。下記がその一部です。

・UTMB_2015:11位
・UTMF_2018:6位
・UTMF_2019:8位
・Hong Kong Four Trails Ultra Challenge_2019:Finisher
・くろんど輪舞曲_2020:1位

 

DSC_8314

 

そんな彼が、“僕が出来ることは、ランニングテクニックなどを教えること”、マイルストーンとしては、土井選手と共に開発したフラッグシップモデルのヘッドランプ:トレイルマスターを試してもらうこと。

 

87095342_190937448918571_5922733225142124544_o

 

どのようにして、こちらのトレイルマスター が開発されたか?またどのようにして実際のトレイルで使うのか?海外製とは違い、日本製のヘッドランプに込めた思いとは?など

 IMG_8027 2

 

1人でも多くの方に直接思いが伝わればと、、、

 

IMG_7985

 

そしたら、自分達だけでやるのではなく、地域に根付いたコアなショップさんとタイアップして盛り上げよう!どうせ行くなら車でロードトリップな感覚で毎日、違う土地に行ってイベントをしよう。先ずは関東エリアに行こう、そんな感じでとんとん拍子に話が進み、ショップさんにもお声がけさせて頂きました。

 

phonto 5

 

今回、ご協力いただける各エリアのショップさんは…

・10/29 (木)Runarx Running Company (埼玉)

・10/30 (金)Ametsuchi (栃木)

・10/31 (土)Stride Lab (東京)

・11/1 (日) 道がまっすぐ(山梨)

 

関東で土井選手とのトレイルセッションをする事はとてもレアとなりますので、ご興味のある方は、上記のショップさんへお問い合わせいただければと思います。

2020/09/14

NIGHT RUN in 箕面


週末は大阪の箕面駅前に新しく出来たトレイルランニングショップ『unite (ユニテ)』さんとのタイアップ企画、”最上位機種のヘッドランプ:MS-F1 / トレイルマスター を試せるグループラン”を開催しました。

IMG_8922

 

過去最高の参加人数という事もあり、グループを3つに分けて約8km楽しく走らせて頂きました。

 

IMG_8936

 

走りやすいトレイルが多く、後半は少しテクニカルな感じでした!いざ、ライト点灯!

 

IMG_8938

 

わくわく展望台から見る景色は最高でした。

 

IMG_8941

 

上級者向けのコースに参加しましたが、皆さん凄すぎますw

 

IMG_8949

 

イベント終了後、参加された方達と記念写真。皆さん、MST-001“LIGHTING YOUR WAY”のTシャツや店長はTeton Bros. とのコラボTシャツを着用。また、オリジナルキャップを装着してくれていて、本当に嬉しい限りです。

 

IMG_8978

 

毎週ライトランや日曜日のモーニングランも開催されているようです。初級者コースもありますので、これからトレイルランニング を始めよう!という方も是非参加されてはいかがでしょうか?

2020/08/25

『ナイトトレイルの楽しみ方 featuring 川崎雄哉選手』


今回のRUN+TRAIL Vol.44『milestone presents… How To Enjoy The Night Trail 〜ナイトトレイルの楽しみ方〜 Vol.4』に登場してくれた川崎雄哉選手。

DSC_7096

川崎くんに出会ったのは2018年『ハセツネ(日本山岳耐久レース:長谷川恒男カップ)』だった。私は出店メーカーとして、そして月夜見エイドでボランティアをする為に初めて参加した。

JPEGイメージ-E59FCD251382-1

ちょうどその時、ニューハレの芥田さんにも同じタイミングで知り合い、右も左も知らない私に色々と教えてくれた。レース終了後、出店ブースに川崎選手を連れて来てくれた事を今でも鮮明に覚えている。

DSC_7041

そして翌年メインレースの一つ、2019年10月のハセツネは台風で中止となり、2020年4月のUTMFはコロナで中止。そんな状況の中、モチベーションが下がっていないか心配でしたが、今回の取材に対して快く応じてくれました。

DSC_6690

撮影場所は川崎選手のホームグラウンドでもある静岡県某所。早朝の限られた時間内に何とか撮影のミッションをこなせた。

DSC_7119

陽が昇ってくるので急いで撮影ポイントを探し、何度か走ってもらった。

DSC_7444

合間に見せる笑顔が印象的なミスター・ナイスガイ。

DSC_7998 

シンプルな操作性

DSC_7973

ワイヤー構造のクイックダイヤルシステムのフィット感がお気に入り

DSC_8065

今でも愛用してもらっているヘッドランプ、『MS-F1:TRAILMASTER』。2021年はどこかのレースで結果を出してくれると思うので、この眼で確かめに行きたいと思います。詳しくは誌面でご覧くださいね

 

*川崎雄哉 (Runner / Trail_runner)*

長崎県五島列島出身  静岡県在住

2017, 2018, 2019 トレイル世界選手権 日本代表

 

2020/08/13

大阪・夏の陣『くろんど輪舞曲(ロンド)』いざ出陣!


2020年8月8日〜10日にかけて行われた、大阪・夏の陣『くろんど輪舞曲(ロンド)』〜Over The Limit〜。コロナ禍の中、主催者、スタッフ、ボランティアの協力の元、万全の大勢で無事に開催されました。180km(8.6km×21周), 120km(8.6km×14周), 60km(8.6km×7周)と3つのコースがあり、豪華なゲスト勢が参加された。

土井陵選手

DSC_5237 

飯野航選手

DSC_4928

丹羽薫選手

DSC_5348

北田雄夫選手

DSC_4787

常田めぐみ選手

IMG_2671

世界で勝負している選手達を近くで見る事、ましてや一緒に走る事など、先ずあり得ない。それが周回レース、『くろんど輪舞曲』の面白いところでもある。

 

DSC_5183

累積標高も10500/7000/3500mと中々のコース。夜景も朝焼けも綺麗だったが、実は今回そんな景色を見る余裕は無かった。それは、 

 

IMG_3402

僕自身、ランナーとして参加させてもらいました。

 

IMG_3157

実は(ここだけの話)、ヘッドランプを着けたレースに参加するのは初めて。汗。今の自分に合った条件が揃った今回の大会。夜21:30スタート(ヘッドランプ必須)、距離60km、制限時間14時間、地元大阪での開催という事もあり、良いチャレンジだと思い参加させていただきました 。

 

DSC_4739

偶然にも土井選手の20周目にバッタリ出くわして、1.5周(約12-13km)を一緒に走らせてもらいました。とても貴重な経験。

 

結果、試走会から闇練を重ね、またレース中に色んな方達に背中を押してもらい何とか12時間15分で無事にゴールする事が出来ました。本当に感謝しております。

 

 

 

また、今回は上宮逸子選手や

DSC_0728

 

 

飯野航選手にもヘッドランプ『トレイルマスター』のトライアルも兼ねて走ってもらいました。

DSC_0737

 

 

そして、レース中に沢山の方達がmilestone original capを被ってくれているを目にしました。本当に嬉しい限りです。皆さんありがとうございます!

DSC_1192

DSC_4809 DSC_4868 IMG_1777 IMG_2018 IMG_2387 IMG_2699 IMG_3530 IMG_3815 IMG_3863

 

 

今回の大会は、sotoasoさんをはじめ、CROSS-Dの皆様、ボランティアの皆様、マーシャルランナーの火曜日練習会の皆様、シガウマラの皆様、素晴らしい大会をありがとうございました。

DSC_5297

IMG_3724

出店メーカーとして、カメラマンとして、そしてランナーとして楽しませてもらいました。笑。また、来年必ず参加したいと思う良い大会でした。皆さんも是非下記の動画を見て、来年に備えてくださいね。

 

Photo by IBUKI Live JunyaKondo, Susumu Saishoji, and Shuhei Nishioka for milestone

 

2020/06/25

今回は…『道がまっすぐ』代表の小山田隆二氏。


トレイルランニング専門誌『RUN+TRAIL』の愛読者の皆さんは既にチェックされているかと思いますが、今年から始まっている企画、『milestone presents… “HOW TO ENJOY THE NIGHT TRAIL 〜ナイトトレイルの楽しみ方〜”』も今回で3回目。

 

トレイルマスターのユーザーとして、かなり長く使っていただいている、山梨県甲府市のトレイルランニングショップ『道がまっすぐ』代表、MUJIN100スリーピークス八ヶ岳の発起人の1人でもある“Ryu-G”こと小山田隆二さんに取材協力してもらいました。

 

 

DSC_8546

様々なロングレースと共にトレイルマスターを愛用していただいているだけに、本体の傷も良い塩梅に年季が入っている。撮影時に、それでも一度も故障がない。と作り手の我々にしてみれば、嬉しいお言葉を頂いた。

 

 

 

DSC_8608

撮影前の事前打ち合わせとして、山で撮るよりも街で撮らないか?という話になり、ショップの前の駐輪場へ。自然な光の入り方がお気に入り。w

 

 

 

DSC_8756

そして、いつも走る道を案内してもらい。

 

 

DSC_9154

結局、いつも行く山にも案内してもらった。笑 この笑顔に惹かれるっw

 

 

DSC_9186

インタビューの際に小山田氏が言っていたのがとても印象的でした。『レース中、僕はこのクイックダイヤルシステムを締めることで自分自身にスイッチを入れるんですよ。さぁ、これからナイトセクションが始まるぞって。』

 

 

DSC_9396 DSC_9376

DSC_9367

DSC_9426

あるレースで夜通しローモード(80ルーメン)で走ったけど、特に問題はなかったと。

 

1) スペック値よりも明るく見えるし、

2) バッテリーの交換も不要だし。

3) そんなにスピードを出すわけでもないし…

 

って言いながら、撮影の際のスピード感たるや半端なく、猛ダッシュで下りてくるので、急いでシャッタースピードを上げて撮影。汗

 

DSC_8925

名物“ブラジル練”の聖地にも案内してもらった。

 

 

DSC_9709

撮影の合間にも終始笑いが絶えない楽しい時間でした。小山田さん、取材協力ありがとうございました!

 

2020/05/20

【動画】ギア紹介:milestone / MS-F1 Trailmaster


コロナの影響も徐々に収束されつつある今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

トレイルランニング専門誌『RUN+TRAIL』とmilestoneのタイアップ企画、“ナイトトレイルの楽しみ方〜How To Enjoy The Night Trail〜”の連載が始まっています。

93702690_3759330304140114_1163719086748729344_n

 

 

先日、その延長でトレイルマスター の特徴などを含む商品説明の動画を撮影しました。

safe_image.php

 

お陰様でたくさんの方にシェアしていただいたり、コメントいただいたりで本当に嬉しく思います。動画はコチラから

 

 

早速、アンバサダーの土井陵さんからご指摘まで頂きました。汗

2019_09-168 2

 

以下、原文より引用

暗い状態での明るさの違いがあるとよりわかりやすいと思います。使った人がみんな口を揃えて言うのが、ルーメンよりも明るいということ☝️その明るさをみんなにも感じてほしいと思います☺️

 

こちらの課題は次に繋げていきたいと思います!

IMG_0648

 

昨今では、“ルーメン値が高い方が良い!”という認識をお持ちの方も多いと思いますが、コレだけは覚えておいて下さい。“ルーメン値が高ければ高いほど、ランタイム(連続点灯時間)が短くなる”という事を。

 

又、白色・電球色での見え方、照射範囲などは次の機会に!